ボディコーティング

cm-02

「アークバリア21」は、薄いガラスの被膜でボディーを包む画期的なボディコーティング。
他のコーティング剤には必ず含まれる有機物を一切含まない完全無機質なガラス被膜で車を覆うため、長期間にわたり高い光沢と保護効果を保ちます。
無料でお見積りいたしますので、お気軽にお近くの営業所までお問い合わせください。

arkbaria-pic01

光沢性
一目でわかる、それが「アークバリア21」の輝き
仕上がった愛車にオーナー様が共通して驚く、一目見た時の輝き。キズや劣化のあるボディでも、高級感のあるツヤが再現、一層深みを増したことを実感できます。丁寧な下地処理の後に施す、透明なピュア・ガラスコーティングが愛車の輝きを取り戻します。

水弾き
雨や洗車後の水滴の跡や水垢汚れからボディを守る
水玉(撥水)になる方がコーティング効果があると言われていますが、水玉はレンズのように光が集まり、ボディが痛みます。また、水玉模様の水垢を残してしまうことも。抜群の切水効果を誇る「アークバリア21」は、水がサッと流れ、水滴が残りにくいのです。

耐久性
コーティング剤の定義を遙かに上回る、圧倒的な持続性
一般のコーティング剤の多くは、耐久性に問題が・・・。年数保証が付いていても、特殊なメンテナンスなどの制約が多いのです。「アークバリア21」は施工段階で丹念に下地処理を施し、ガラスの溶剤を手作業で塗り込むことで、高い耐久性と手入れの負担をかけないコーティングを実現しています。

表面硬度
キズに強く、劣化や汚れの原因を未然に防ぐ
施工後2週間程度でガラス被膜が完全に硬化する「アークバリア21」。表面にキズが付きにくいということは、そこに溜まる汚れが少ないということ。くもりや塗装劣化をしっかりと予防しているのです。


「アークバリア21」の施工法は独自に開発した特殊なコーティング技術です。
arkbaria-pic03

1.洗車 
ボディに付着している鉄粉や油分、汚れをしっかりと落とします。

2.研磨 
下地を丹念に整え、繊キズなどを除去限りなくフラットに近い鏡面状態に仕上げます。

3.塗り込み 
研修を経た専門スタッフが特殊技術でボディ表面に「アークバリア21」をコーティングします。

4.仕上げ 
最後に独自に開発した仕上げ剤を用い、塗り込んだガラスコーティングの表面を整えます。

5.施工完了  
ガラス被膜がボディを完全に包み、フロントガラス並の光沢と水切れが実現します。